西ヨーロッパの中世文化

教会と修道院

 

中世西ヨーロッパ世界はローマ=カトリック教会の絶大な権威が浸透

 

ベネディクト修道会・・・6Cにベネディクトスがモンテ=カシノに開く→9Cに西ヨーロッパ全域の修道院を統括

清貧・純潔・服従の厳しい戒律を修道士に課す→「祈り、働け」は労働感を変えた

大開墾時代も修道院が主導

 

神学が最高学問、それ以外の学問は神学の下に置かれる

ラテン語(聖職者・修道士が使用)を学問では使用

 

学問と大学

 

カロリング=ルネサンス・・・カール大帝による古典文化復興運動

宮廷にアルクイン(神学者)を招く

スコラ学・・・中世キリスト教神学・哲学の諸体系

実在論と唯名論の普遍論争

実在論・・・神や普遍的観念は事物よりも先に存在している

アンセルムスが代表

唯名論・・・実在するのは事物のみで神や普遍観念は名目に過ぎない

アベラール・ウィリアム=オブ=オッカムらが代表

 

12世紀ルネサンス・・・ビザンツ帝国・イスラーム圏からギリシア古典が、ラテン語に翻訳→刺激を受けて学問が発展

トマス=アクィナス・・・スコラ学とアリストテレス哲学の結合で大成→教皇権の理論的支柱へ

『神学大全』

ロジャー=ベーコン・・・イギリスのスコラ学者

神学による学問の体系化→イスラーム諸学の影響で実験重視→近代自然科学方法論へ

 

教育・学問の中心・・・田園地域の修道院→商業発達で都市の大学へ

大学・・・もとは教会・修道院付属の研究機関→教授・学生のギルド組織へ

大学の自治はあったが、学問・思想の自由はなかった

神学・法学・医学の3学部があり、その下に人文学部(一般教育)

ボローニャ大学(最古の大学とされる、法学)・パリ大学(神学)・サレルノ大学(医学)

オクスフォード大学(パリ大学を模範)・ケンブリッジ大学(オクスフォード大学から分かれる)←学寮制を採用

 

美術と文学

 

教会建築・・・中世初期はビザンツ様式の模倣(円屋根・モザイク)

11Cにはロマネスク様式(石壁・小さな窓)→ピサ大聖堂・ヴェズレー大聖堂・クリュニー修道院など

12Cにはゴシック様式(尖頭アーチ・ステンドグラス・高い塔)の教会が富裕商人によって建設

→ケルン大聖堂・ノートルダム大聖堂・シャルトル大聖堂・アミアン大聖堂など

 

 

中世文学・・・騎士は中世西ヨーロッパの理想像→騎士の武勲・恋愛をテーマにした作品(騎士道物語)が多い

『ローランの歌』『ニーベルンゲンの歌』『アーサー王物語』

吟遊詩人が宮廷を歩き騎士の恋愛叙情詩をうたう(12Cが最盛期)