ヨーロッパ世界の拡大

大航海時代

 

マルコ=ポーロ『世界の記述』(『東方見聞録』)→アジアへの関心が高まる

遠洋航海の可能、金、香辛料→ヨーロッパの君主が新たな財源を求める

国土回復運動→キリスト教の海外布教⇒大航海時代へ

 

エンリケ航海王子・・・ポルトガルの王子。アフリカ西岸の探検、インド航路開拓を奨励

バルトロメウ=ディアス・・・ポルトガルの航海者。アフリカ南端の喜望峰に到達→インド航路の可能性が高まる

ヴァスコ=ダ=ガマ・・・ポルトガルの航海者。喜望峰を回ってインド西岸のカリカットに到達→インド航路開拓、香辛料購入

 

アメリカ大陸の征服

 

アジア進出でポルトガルに遅れをとったスペイン→インドへ向けて船団を派遣

コロンブス・・・ジェノバの航海者。女王イザベルの命を受けてインドへ向かう

トスカネリの説を信じ大西洋を回る→バハマ諸島のサン=サルバドル島に到達

カブラル・・・ポルトガルの航海者。ブラジルに到達→ブラジルは中南米唯一のポルトガル領となる

アメリゴ=ヴェスプッチ・・・フィレンツェ出身。コロンブスの発見した土地は「アジア」ではないとする

マゼラン・・・ポルトガルの航海者。亡命したスペイン王室の命で西回りでモルッカ海峡を目指す

→フィリピンで彼の死後、部下がスペインに帰国→世界周航を達成

 

スペイン王室は「征服者」をアメリカ大陸に送り込む

コルテス・・・マヤ文明を持つアステカ王国を破る→メキシコ征服

ピサロ・・・インカ帝国を破る→首都クスコを破壊の後、新首都リマを建設

エンコミエンダ制・・・先住民のキリスト教化を条件に植民者が統治、先住民は強制労働

 

商業革命と価格革命

 

商業革命・・・新航路の発見、新大陸への到達→貿易構造がヨーロッパ中心から地球規模に拡大→資本主義経済の発展

リスボン・・・ポルトガルの首都であり、当時の世界貿易の首座

商業革命により、西ヨーロッパは商工業の先進地域へ→東ヨーロッパは西ヨーロッパへの穀物輸出

→西・東ヨーロッパで分業体制が確立される

グーツヘルシャフト・・・農場領主制。地元貴族が自由農民を農奴化、西ヨーロッパ向け輸出用穀物を栽培。

16世紀以降の北ドイツ、プロイセンで発展→プロイセンの急速な成長へ

 

価格革命・・・新大陸から大量の銀流入によってヨーロッパ全土で物価が跳ね上がる

→南ドイツの銀を独占していた大富豪、南ヨーロッパの港湾都市固定地代で生活する領主は没落

ポトシ銀山・・・ボリビア南部の鉱山。スペインによるインディオの強制労働→大量安価な銀の流入へ